松本 一夫/著 -- 岩田書院 -- 2001.11 -- 213

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
書庫(4F) /213/ニ1Y/ 08967192 一般 帯出可 配架中

資料詳細

タイトル 東国守護の歴史的特質
叢書名 中世史研究叢書
責任表示 松本 一夫 /著  
出版者 岩田書院
出版年 2001.11
ページ数 472,20p
大きさ 22cm
一般件名 関東地方-歴史 , 守護・地頭
NDC分類(9版) 213
内容紹介 「東国守護の類型化」「東国守護の歴史的特質」「東国守護と鎌倉府との関係」という問題について、他の研究動向を踏まえて検討を加えた論文集。
ISBN 4-87294-225-6
本体価格 ¥9900

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
小山政光の立場 19-52
鎌倉初期における守護の類型化 53-82
南北朝期における小山氏の動向 83-122
小山氏の守護職権の特質 123-158
小山義政の乱後における下野支配の特質 159-184
常陸国における守護及び旧族領主の存在形態 185-216
千葉氏の下総支配の特質 217-240
甲斐守護についての二、三の問題 241-252
上総守護の任免状況とその背景 253-266
伊豆守護代祐禅 267-278
上杉氏の上野支配の特質 279-302
武蔵武士と守護 303-324
安房守護と結城氏の補任 325-348
相模守護の特質 349-378
鎌倉府軍事体制と東国守護 379-464