福岡県弁護士会精神保健委員会/編 -- 明石書店 -- 2002.8 -- 498.99

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
書庫(4F) /498.99/ニ28/ 09030768 一般 帯出可 配架中

資料詳細

タイトル 触法精神障害者の処遇と精神医療の改善
責任表示 福岡県弁護士会精神保健委員会 /編  
出版者 明石書店
出版年 2002.8
ページ数 224p
大きさ 21cm
一般件名 精神障害 , 犯罪 , 人権
NDC分類(9版) 498.99
内容紹介 大阪教育大附属池田小学校事件などの影響を受けて、政府が国会に提出した「心神喪失者などの処遇法案」を検討。そこにひそむ問題点を多角的に論じ、新しい精神医療のありかたを追求する。
ISBN 4-7503-1605-9
本体価格 ¥2400

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
『心神喪失者などの処遇法案』をどう見るか 池永 満/ほか座談 9-34
「触法精神障害者」の処遇をめぐる論議の状況 池原 毅和/著 36-48
精神科医,精神科病院の立場から 斉藤 雅/著 49-55
患者支援の立場から 藤林 詠子/著 56-63
弁護士の立場から 八尋 光秀/著 64-66
触法精神障害者の処遇に関する現行法制度と運用の状況 大神 朋子/著,梶村 竜太/著 90-97
触法精神障害者の処遇に関する諸外国の法制と問題点 森尾 亮/著 98-102
大阪池田小事件後,何が進行しているか 池原 毅和/著 103-110
精神医療の改善方策と司法の課題 伊賀 興一/著 111-124
日本の精神医療はこれで良いのか 田原 孝/著 125-144
精神医療改善国連原則から10年 池永 満/著 145-154
真の被害者対策を 内田 博文/著 182-185