兼築 信行/責任編集 -- 笠間書院 -- 2002.10 -- 911.102

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
書庫(1F) /911.102/ニ2X/ 09816976 一般 帯出可 配架中

資料詳細

タイトル 和歌を歴史から読む
叢書名 和歌文学会論集
責任表示 兼築 信行 /責任編集, 田淵 句美子 /責任編集  
出版者 笠間書院
出版年 2002.10
ページ数 323p
大きさ 22cm
一般件名 和歌-歴史
NDC分類(9版) 911.102
内容紹介 和歌を「歴史」との往還の中でダイナミックに捉え直し、和歌を支えたシステム・基盤の位相を解析。文化装置としての和歌のあり方を問う、和歌史再構築の試み。
ISBN 4-305-40114-2
本体価格 ¥6800

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
和歌の歴史、歴史の和歌 五味 文彦/著 1-30
磐姫皇后歌群の形成 広岡 義隆/著 31-48
尚歯会の系譜 後藤 昭雄/著 49-70
儀式の場と和歌の地位 滝川 幸司/著 71-88
和歌が語る婚姻史 工藤 重矩/著 89-110
和歌における装飾 川村 裕子/著 111-126
披講所役の史的展開 青柳 隆志/著 127-146
歌合の構造 田淵 句美子/著 147-170
歌人たちと社会 兼築 信行/著 171-192
歌道家の人々と公家政権 小川 剛生/著 193-218
勅撰和歌集という歴史から 村尾 誠一/著 219-238
宗祇の古今伝受 小高 道子/著 239-256
近世天皇と和歌 盛田 帝子/著 257-274
近代と和歌 岩佐 美代子/著 275-298
和歌史の構想 井上 宗雄/著 299-319