フェリックス・ガタリ/著 -- 松籟社 -- 2000.4 -- 493.7

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
書庫(4F) /493.7/ニ04/ 07677156 一般 帯出可 配架中

資料詳細

タイトル 精神の管理社会をどう超えるか?
副書名 制度論的精神療法の現場から
責任表示 フェリックス・ガタリ /著, ジャン・ウリ /著, フランソワ・トスケル /著, 高江洲 義英 /[述], 菅原 道哉 /[述], ダニエル・ルロ /[述], 杉村 昌昭 /編訳・解説, 三脇 康生 /編訳・解説, 村沢 真保呂 /編訳・解説  
出版者 松籟社
出版年 2000.4
ページ数 290p
大きさ 21cm
一般件名 精神医学 , 精神科病院
NDC分類(9版) 493.7
内容紹介 「制度」とは本来何を意味するものか。原著である精神科医ガタリらのインタビュー集を中心に、フランスで実践されている「制度論的精神療法」という「医療」の、日仏両国における実践の未来を展望する。
ISBN 4-87984-211-7
備考 写真:市川信也
本体価格 ¥2800

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
「制度論」革命に向けて フェリックス・ガタリ/著,杉村 昌昭/ほか訳 23-54
ラボルドで考えてきたこと ジャン・ウリ/著,杉村 昌昭/ほか訳 55-84
制度の概念に戻ろう フランソワ・トスケル/著,杉村 昌昭/ほか訳 85-112
精神医療の再政治化のために 三脇 康生/著 131-220
沖縄・精神医療と文化 高江洲 義英/著 221-254
ローテーションの精神 菅原 道哉/著 255-280
精神医学の特殊性と非—特殊性 ダニエル・ルロ/著,杉村 昌昭/ほか訳 281-290