-- 吉川弘文館 -- 2015.2 -- 392.1

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
1階中央図書 /392.1/ヌ4Y/(2) 13313911 一般 帯出可 配架中

資料詳細

タイトル 地域のなかの軍隊 2
巻の書名 軍都としての帝都
出版者 吉川弘文館
出版年 2015.2
ページ数 9,201,7p
大きさ 20cm
一般件名 日本-国防-歴史 , 軍隊-歴史 , 都市-歴史
NDC分類(9版) 392.1
内容紹介 地域社会にとって、軍隊とはいかなる存在だったのか? かつて日常のなかにあった軍隊を歴史的・社会的に考える。2は、「帝国日本」最大の軍都東京を中心に、時代の要請に対応し絶えず軍事化の影響を受けた関東の変遷を追う。
ISBN 4-642-06474-3
備考 群馬県関係記事:「軍都高崎と歩兵第十五連隊」今井昭彦(p.82-87),「宇都宮第十四師団」今井昭彦(p.126-132)
本体価格 ¥2800

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
皇居防衛から帝都の護りへ 荒川 章二/著 1-13
首都の軍隊の形成 荒川 章二/著 16-54
下総台地の軍事化 土田 宏成/著 55-81
軍都高崎と歩兵第一五連隊 今井 昭彦/著 82-87
町の本屋と軍隊 樋口 雄彦/著 88-93
横須賀の軍港化と地域住民 高村 聰史/著 94-125
宇都宮第一四師団 今井 昭彦/著 126-132
航空部隊の拠点・所沢 竹内 康人/著 134-164
予科練と特攻隊の原風景 伊藤 純郎/著 165-188
相模原台地の軍都計画 荒川 章二/著 189-201